全大阪経営研究集会

年に一度、全大阪の会員が一堂に会する一大交流の場。同友会運動で学び、その経営を実践してきた到達点を確認する場を全会員で作り、全会員が学ぶ。

第29回全大阪経営研究集会は、11月15日(月)、16日(火)の二日間で開催されました。実行委員会では議論を繰り返し、昨年度と同様にすべてZoomで行いました。600名を超える参加の申し込みがありました。15日は、14時から(株)大都代表取締役山田岳人氏による「社員はバランスシートに載らない資産~人が企業を成長させる~『何を成したいのか』を全社員と共有する経営とは」をテーマとした基調講演がありました。同日18時からと16日14時、18時からの分科会は「企業の社会的役割と責任の自覚」「人を生かす経営の実践」「地域活性化、ビジョン」「市場・顧客及び自社の理解と対応状況」「新価値創造(第二創業、地域創生)」「情勢分析」「理念の浸透企業の社会的役割とその責任」「事業承継」の八つのテーマで行いました。報告者は、大阪同友会会員だけでなく、全国の同友会で、実行委員会が「ぜひ聞いてほしい」という人たちを選出しました。グループ討論では、熱く、活発な討論が交わされました。初の二日間開催ということで、基調講演と複数の分科会に参加することができ、例年以上に学びを深めました。今年度は初めての試みとして、中同協が発行している「中小企業家しんぶん」に、広告を掲載しました。特設ホームページも設置し、会内外に積極的に開催のアピールを行いました。分科会のリハーサル風景をPR動画にするなど、少しでも早く全大阪経営研究集会の雰囲気を皆さんに感じていただけるような取り組みも行いました。当日は、大阪同友会の会員だけでなく、全国の会員やゲストも多く参加され、このコロナ禍の中でも、大いに学び合い、交流することができました。次年度に向けての課題も見つかりましたが、学びの多い全大阪経営研究集会になりました。

【参加費の請求方法についてのお知らせ】

大阪同友会会員で、会費を指定口座から自動引き落としにされている方は、2022 年 1 ~ 3 月会費と一緒に引き落としをさせていただきます。社内の支払担当の方にもお伝えください。

大阪同友会会員で、会費を指定口座から自動引き落としにされていない方、ご参加いただいた社員の方については、随時、請求書をお送りしております。ご確認いただき、お振込みのほどお願いいたします。
※請求書は、郵便の土曜配達廃止のため、お手元に届くまでに日数がかかる場合がございます。ご了承ください。
※この機会に、会費を指定口座から自動引き落としにご希望される方は、同友会事務局までお問い合わせください。所定の書類をお送りします。その他ご不明点などがございましたら、同友会事務局(06-6944-1251)までご連絡ください。

基調講演紹介PV動画

第1分科会報告者紹介PV動画

第2分科会報告者紹介PV動画

第3分科会報告者紹介PV動画

第4分科会報告者紹介PV動画

第5分科会報告者紹介PV動画

第6分科会報告者紹介PV動画

第7分科会報告者紹介PV動画

第8分科会報告者紹介PV動画

PAGE TOP