中小企業家同友会を「知る会」

同友会では、各支部ごとに、毎月行われている例会は、単なる経営者交流会ではなく、経営者同士の実体験に基づく報告の場、学びの場です。
報告では、経営の本質的な課題が存在しており、その後の各グループでの討論に繋げていきます。このページでは、報告内容と感想を掲載していきますので、例会の様子をぜひご覧ください。

成果をともなう経営指針の実践

広島同友会の求人社員教育委員長として活躍されている株式会社EVENTOS・川中社長にご報告をいただきます。同社は、広島市で洋食飲食店3店舗、ワインショップ1店舗を経営。更に、安心・安全な食材を提供するために農業も行っています。広島同友会が発行している就職情報誌で、「食のエンターテイメント業 ~商品は『食べる物』ではなく『食べる事』~」と自社を紹介しています。経営理念で「誇りと豊かさ」を掲げ、質の高いサービスを提供するとともに、年次有給休暇に加え、バカンス休暇21日を設けています。広島同友会の求人社員教育委員会は、大学や地域から信頼が厚く、就職情報誌には県知事も寄稿され就職する学生に「広島の力と宝」となってほしいとメッセージを寄せておられます。同社長の経営実践、そして広島同友会の求人社員教育の取り組みから学びます。

【会社プロフィール】
創 業:1988年
資本金:4,000万円 
年 商:3億8,900万円
社員数:43名 
洋食飲食店3店舗、各種ケータリングサービス、ワインショップ1店舗、
農産物の生産・加工・販売等

【報告者プロフィール】
株式会社EVENTOS  代表取締役
広島同友会 理事・求人社員教育委員長

 


経営者は環境づくりがいちばんの仕事

報告が過去の社風と経営破たんから始まり、共同求人の取り組みで安心して長く働ける職場つくりに繋がったことは参考になりました。特に、思いっきり空振りの三振が出来る社風を創りたい経営者の思いには感銘を受けました。経営者は幸せのリーダーシップ、とても学びと気づきのある例会でした。
株式会社ビッツクリエート / 松永健一(西支部)



人財にするのも、人災にするのも経営者次第。

川中社長の報告は本当に深く、なんどか目頭が熱くなる事もありました。その中で、何よりも強く感じたのは、『“社員さん”への愛情』です。“社員さん”という呼び方もポーズではなく、共に生きて成長されてきたのだと感じました。過去におかしてしまった失敗も潔く受け止め、反省し改善する姿勢にも感銘をうけました。「同友会を知る会」シリーズ、毎回期待を超える内容で非常に深く学べます。今後も継続を期待します!
株式会社イングネット / 谷澤康裕(中央南)

PAGE TOP