社員教育活動

社員を育み社員とともに成長する社員教育

同友会は、社員を最も信頼できるパートナーとして考え、高い次元での共に育ち合う教育(共育)を重視し、社員教育に取り組んでいます。

合同入社式

合同入社式を行い、中小企業で新たな役割を担う一人としての自覚をもってもらうと共に、同期入社の仲間がたくさんいることを感じてもらいます。

新入社員研修

新入社員教育の取り組みの一つに、一泊二日の入社前研修を行っています。新社会人としての基礎的マナーやエチケットの講習はもちろん、「働くとは何か」を問いかけ、働く意欲に訴えかけます。その後は、合同入社式を行い、中小企業で新たな役割を担う一人としての自覚をもってもらいます。

フォローアップ研修

入社後の社会生活を振り返ることで、社会人としての基本を再認識させる「フォローアップ研修」では、「職場で習得して知識や技術が、はたして十分に活かせているのか」また「実際の仕事で力が発揮できているのか」を評価し、新たな学習目標を設定させる目的で実施しています。

同友会大学

幹部社員の育成を目的として、
①激動期を生きるための経済・歴史などの基礎を学ぶこと
②大阪について理解を深め、社会と経営の発展方向を洞察する力を培うこと
③「共育力」を養うことを目指しています。

PAGE TOP