例会

経営の本質的課題を深く掘り下げて討論する学びの場

大阪同友会の主催する例会は単なる経営者交流会ではありません。ここは、経営者同士の実体験に基づく報告の場、学びの場なのです。ですから例会での報告者は、私たちと同じ経営者。その決して流暢とは言えない報告にこそ、経営の本質的な課題が存在しており、その後の各グループでの討論に繋げていきます。グループ長の進行の中で、お互いが本音で議論し合うことで、それぞれの感じ方、受け止め方の違いを深く理解して初めて経営者の琴線に触れる学びの場になるのです。

1.例会の企画

例会の目的を明確にするため、年間テーマが立案されています。これを企画運営しているのが、各支部の例会委員会です。

2.報告者の選出

例会の報告者は、原則として同友会の会員である経営者から選出されます。
同じ悩みを持つ経営者のリアルな経営体験の報告が着替えることに大きな特長があります。
同友会では、「会員は辞書の1ページ」と言われています。
つまり、百人百様の異なる経営体験があり、その経験体験を学び合うことが生きた学びになります。

3.リハーサル

年間テーマとの整合性をとるため、リハーサルが行われます。例会での議論をより深めるためにも重要なプロセスになります。

4.例会本番

参加者すべてが主役で、それぞれの役割の中で互いに学び合います。報告者の話が生きるかどうかは、主として聞き手の責任となります。

5.グループ討論

報告をどこまで深めて議論し合えるかが、グループ討論の真価です。経営者それぞれの経営手法、人生観、哲学など、参加者の琴線に触れる学びになります。
報告者がいかにすばらしい話をするかというよりも、討論でいかにそれらを深められたかに意義があります。
グル流が深まります。

6.懇親会

本音で語り合った後の懇親会は、経営者同士の強いパイプができ、まさにネットワークづくりの貴重なひといきとなります。 さらに懇親会で交流が深まります。

PAGE TOP