自治体への政策提言活動


大阪府中小企業家同友会では、中小企業の経営努力が報われる経営環境をつくるため、様々な政策活動をおこなっています。
毎年「大阪府中小企業政策に関する要望と提言」をまとめ、大阪府に提出するとともに府議会各会派との懇談をおこなっています。各自治体へ中小企業振興条例をめぐっての意見交換をおこなっています。
東大阪市では同友会より「政策要望と提言」が提出され、東大阪市商工担当部局との懇談が進んでいます。こうした経験に学び、各地域で中小企業の視点に立った政策活動を推進しています。

「ビジョン」「中小企業憲章」の論議にともない各支部の地域を分析していく運動が進んできました。地域づくりの上で、地域の雇用と経済を支える中小企業の役割が決定的であることが再認識されています。中小企業が自社でおこなう経営努力とともに、外部環境を分析し改善することが必要です。

大阪の中小企業の景況をみずから調査分析することを目的として、同友会内で景況調査を年四回実施しています。結果については専門の研究者の方にも分析を依頼し、このWEBサイトにも「調査・資料・提言」のページに定期的に発表しています。
中小企業の現場の実感が反映されている最も身近な調査結果として注目されています。

国政選挙がおこなわれる時には、各政党に中小企業政策について質問をおこない、回答結果をe.doyuで公表しています。

なお、同友会は特定の政党・候補者を支持することはなく、会員個人の思想・信条の自由を保障しています。【内規3】「政治・選挙に関する申し合わせ事項」は以下の通りです。

【内規3】(政治・選挙に関する申し合わせ事項)

1.政治に対する会の姿勢 ―常に中立の立場で取り組みます―
運営規定第三条、第四条にある通り要求を支持し、実現につとめてくれる政党とは問題ごとに協力し、 全ての政党とわけへだてなくつきあいます。
しかし、会としては特定の政党に対して支持することはありません。
会員個人の思想・信条の自由は当然のこととして保障されています。

2.選挙にあたっては
同友会はどの政党、政治家とも特別なかかわりをもたないことを原則としています。
もちろん選挙にあたっても会として政党や議員を支持することはありませんし、会員個人としての政党支持や思想信条、政治活動の自由は認められています。
会員でも選挙に立候補する方がいますが、選挙活動に同友会の名前は使わないようにし、肩書きに同友会役員の名称がでるなどの理由から、同友会役員は辞退していただくのが基本です。

3.議員や議員候補者の挨拶について
議員や議員候補者の挨拶については、同友会からお願いした場合や全政党から参加の場合は紹介し、挨拶頂くこともありますが、それ以外の場合は、挨拶や、配布物及び政党名・立候補者としての名刺 交換は遠慮頂くことを原則とします。

4.会員が立候補される場合
会の基本精神に立って、応援する有志をつのるとか、同じ会員という立場で健闘を祈るなどの ことは自主的なものとして判断します。
しかし、支部会・グループ会などの同友会の組織で推薦する ということはできません。

5.同友会の会合に於ける会員外の方の参加について
(1) 同友会の例会に会外の方の参加については、経営者の方はオブザーバーとして、お誘いするようにしています。
経営者以外の方については、中小企業を理解頂くために会外参加としては基本的にオープンにしています。
(2) ただ政治家に属する方や、他団体の方の扱いについては、上記の「政治・選挙に関する申し合わせ事項」に準じて行います。
従いまして、通常の場合も、同友会からお願いした場合や全政党から参加の場合は紹介し、挨拶頂くこともありますが、それ以外の場合は、挨拶や、配布物及び政党名・立候補者としての名刺交換は遠慮頂くことを原則とします。
このことを了承の上で参加頂くものとします。

 













〒540-0011
大阪府大阪市中央区農人橋
2丁目-1-30 谷町八木ビル 4F
TEL:06-6944-1251
FAX:06-6941-8352